ニキビやアトピーなど、肌トラブルがあると脱毛はできないのでは?と思われる方が多いでしょう。しかしニキビ痕の場合は違います。

ニキビ痕は、言葉のとおりニキビができた痕のことをいいますから、ニキビができている状態ではありません。痕は人によってさまざまで、赤く残っている方もいればシミのようになっている人もいます。

そんなニキビ痕がある状態での脱毛は可能なのでしょうか?

基本的には脱毛可能?

どこにニキビができているかによって異なりますし、サロンによって違うのは確かですが、ニキビができている・痕が残っているからといって絶対に施術を受けられないというわけではありません。

ただ、痕の状態にもよります。たとえば濃く黒い痕の場合です。この場合、照射できないケースが多いでしょう。小さなシミや痕であれば、十分可能です。

また施術の方法によっても異なるでしょう。サロンで主に使用している光脱毛の場合、施術は不可能です。しかし医療レーザー脱毛の場合は、施術が可能になります。

ヴィトゥレが効果的な理由

ヴィトゥレは、日本人の肌に適した方法で施術を行ってくれます。そのため、ニキビ痕はもちろんのことニキビができている状態でも施術が可能です。痛みも少ないですから、デリケートな肌の方でも安心。

その秘密は、使用している冷却ジェルにあります。独自のものを使用しており、うるおい成分や抗炎成分をギュッと凝縮。肌荒れを防ぐだけでなく、透き通るような美肌へと導いてくれます。

また施術の後もしっかり保湿してくれるので気になるニキビ肌でも安心です。