むくみは血液循環が悪くなっている証拠。そんなときは、血液の流れを良くしてくれるリンパマッサージがオススメです。

もちろん、リンパマッサージには血液循環を良くしてくれるだけでなく、さまざまな効果が期待できます。

またやり方も決まっていますから、正しい方法をマスターしてむくみ知らずなボディーを目指しましょう!

リンパマッサージによる効果

むくみはもちろんのこと、小顔や足痩せ、凝りや疲労の回復など、さまざまな効果があります。免疫機能も高めてくれますから、風邪を引きやすい人にも良いですね。

リンパの流れを良くするという言葉だけではいまいちピンとこない方も多いと思いますが、細胞の働きを活発にしてくれるので、常に体の中を健康にしてくれます。

リンパの流れを良くしてあげるということは、体内に溜まった老廃物を外へ押し出してくれるということ。人は、毎日の生活で体内に老廃物を溜めています。

体調を崩しやすいのも、疲れが溜まりやすいのも、すべてリンパの流れが滞り老廃物が溜まっている証拠です。ですから、体のさまざまな不調を抱えている方は、ぜひリンパの流れを改善してあげてくださいね。

正しいリンパマッサージの方法

マッサージの基本は、『リンパ液を排出する』ことです。リンパ液は排出のためにリンパ管を通りますが、上手く排出できない場合、リンパ管で止まってしまいます。

このリンパ管は全身を巡っていますが、マッサージをするときのポイントは『リンパ管が合流する場所』をスムーズにしてあげることです。この場所を『リンパ節』といい、流れがスムーズですと細菌などを除去してくれます。

マッサージの順番は、『リンパの出口』から。どの部位でも、リンパ節に沿って行うのがポイントです。たとえば手をマッサージする場合は、鎖骨→わき→二の腕→ひじ裏→前腕→手の順で行います。

この流れを無視してマッサージしてしまうと、せっかくのマッサージも意味がなくなってしまいます。マッサージのやり方は、『指圧しほぐす』ことです。

リンパのほとんどは皮膚の浅い部分にありますから、力を込める必要はありません。むしろ力を入れてマッサージしてしまうと、血行障害を引き起こす恐れがあります。

必ずやさしく丁寧に、リンパの流れに沿ってゆっくり行いましょう。

また、マッサージの際はボディクリームやボディオイルなどを使用してくださいね。肌を滑らかにすることでマッサージの刺激を抑えることができます。