近年はデリケートゾーンの脱毛を希望される方が増えているといいます。

やはり女性にとってムダ毛のお手入れは必要不可欠ですから、隅々までお手入れが行き届いていると清潔感があります。

しかしデリケートゾーンの場合、自分でお手入れするよりもサロンやクリニックでキレイにしてもらったほうが安心です。

では、授乳中の女性はどうでしょうか?授乳中はもちろんのこと、生理中や妊娠中は体に大きな変化を与えます。

そのため、脱毛のように皮膚に刺激を与えるような行為はなるべく避けたほうが良いといわれています。ということは、やはり授乳中のVライン脱毛はNGということになります。

実際のところ、どうなのでしょうか?

Vライン脱毛は可能?不可能?

一般的には不可能です。そもそも、授乳中は吸収したものを直接赤ちゃんに届けることになります。

そのため、薬の服用やお酒などはもってのほか。刺激も良くないといわれています。

しかし、実際はサロンやクリニックによって対応はさまざまです。近年は、授乳中でも脱毛が可能なところが増えています。それは赤ちゃんに影響がない、肌への刺激が少ないからでしょう。

ですから、まずは利用するサロンまたはクリニックに脱毛が可能かどうか相談してみてくださいね。

脱毛が可能な時期

特別母乳に影響はありませんが、この時期はホルモンの影響で肌がとても敏感になっています。

万が一脱毛をして肌トラブルを起こしてしまっては大変だからです。痛みも強く感じやすいですから、たとえ脱毛OKのところでも避けたほうが賢明でしょう。

ですから、Vライン脱毛を検討中の方は卒乳後がオススメです。